忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
この道六十五年の匠がこりこりにこだわった猫じゃらしだ。
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月のはじめに構築して以来、常に勝ち越しを保ってきていたウィッチハットが初めての負け越し。結果としては、12点素通りして押し込まれてたり、初手からキャラが全く噛み合ってなかったり、相手がトウマ&ゼナスの効果を知らなくてフロントアタックしてきたりと色々理由はあったのですが、負けてる事には変わりありません。

若干微調整という形で、宝石魔術を投入し始めてから陰りが見えてきたなぁ。やっぱり後ろ向き対策は、勢いに乗っている速度を止めるので合わないのだろうか。使うたびに「何ですかそれ」と聞かれるのが好きなんですが。

回収面はアダムの投入でやはりかなり強化された感じ。3500キャラが減ったけど、もともと10枚以上とか多すぎたよね。アーチャーは不安定すぎるのでやっぱり居なくなりました。相手ターン1500のタバサも考えどころだけど、レベル0の事故時にタバサ1人で持ちこたえれるので抜き難い。

カウンターは、10枚は多かった。7枚だと若干不安が残った。最適解はこの間って事か。キャラ回収が多いので助太刀のが優秀そうだけど、実質後半はレベル3キャラを矢継ぎ早に回収することになるのでドロー頼み。そう考えると、コンスタントに引ける枚数を入れるのであればイベントのカウンターでも助太刀でも大差ないかも。


終盤、手札があまる事が少し悩み気味。スペースがあれば私服の小毬か真ソニックフェイトを積みたいけど、なかなかねー。小毬は1000/1CXを貼れば何気に10000まで届く偉い子。カウンターされるかも、って所にぶつけるにはかなり優秀ですね。アンコール持ちですし。


まーアタッカー陣は何だかんだ言いつつ固定になりそう。如何に序盤を整えられるか、が最大の懸念事項。回っちゃえばレベル1からソウル2のパワー10000で場を荒らし続けるわけで、弱いわけがないのです。
PR
この記事にコメントする
Name
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ プロフィール ♥
Author:如月伽奈

関西地区というか大阪中心に活動してます。その昔は、アクエリアンエイジに於いて処々方面で暴れていました。

他人のマネをする事と、勝ちにこだわって遊び心を失う事が何よりも嫌いで、殴り切るよりも変なギミックを好みます。
♥ 最新コメント ♥
[12/24 キットー]
[10/17 キットー]
[08/24 伽奈]
[08/24 キットー]
[06/08 瑠汐]
♥ カレンダー ♥
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
♥ 最新トラックバック ♥
♥ アンテナ ♥
RSS表示パーツ
♥ ブログ内検索 ♥
♥ アクセス解析 ♥
Copyright(c) 猫使いの秘密兵器 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]