忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
この道六十五年の匠がこりこりにこだわった猫じゃらしだ。
[66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

らきすた全敗した。果てしなく理不尽な形で。

・赤緑双子
リフレッシュ後につっぱしるこなた2枚を場に出して、CXシナジーを使おうとしたら
既につっぱしる・戦場共にすべて出切っているという悲劇。まあ絆パトリシアを回収し続けて盤面制圧。2/2バニラ相手に若干苦戦するものの、アニ研部長のパンプにより完全に場を支配。

が、毎ターン1~2枚CXをトリガーしていてはどうしょうもなく…。

・青赤オタク
補助色が違うだけで盤面はほぼ完全なミラーマッチ。何が鬱陶しいかって、一番鬱陶しいのがお互いのパワー計算だったw
基本的にお互い戦場・つっぱしる以外のキャラをつぶし合う形に。ただ「キャラ全員が特徴オタク」な私と、「強いけど特長オタクでないキャラを含む」相手の差が途中から出始めて、徐々にこちらが場を駆逐し始める。

が、やっぱりトリガーの悪夢が。

・緑黄お菓子
一番最悪だった。CXを全部トリガーしてキャンセルできず、相手はCXを全部キャンセルに使う状態。こちらがレベル3になった頃、まだ相手はレベル0のクロック4程度とか如何ともし難い。既に粘るとか逆転とか言う次元のお話じゃない。



何だかんだ言いつつ、コントロール要素のないデッキが私に合わない証明かもしれない。10の強さよりも、8の強さと1の可能性を好む私には厳しいタイプだったかも。


対してD.C.の方はいい感じに。今まで生徒会で固めて使うことしか考えてなかった水着のエリカが、小恋と相性のいい事に気づかなかった。良く考えると萌でもいいですね。でも夢見に渡したバウンス特化のが楽しそうなのは気のせいかしら、かしら。
PR
この記事にコメントする
Name
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ プロフィール ♥
Author:如月伽奈

関西地区というか大阪中心に活動してます。その昔は、アクエリアンエイジに於いて処々方面で暴れていました。

他人のマネをする事と、勝ちにこだわって遊び心を失う事が何よりも嫌いで、殴り切るよりも変なギミックを好みます。
♥ 最新コメント ♥
[12/24 キットー]
[10/17 キットー]
[08/24 伽奈]
[08/24 キットー]
[06/08 瑠汐]
♥ カレンダー ♥
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
♥ 最新トラックバック ♥
♥ アンテナ ♥
RSS表示パーツ
♥ ブログ内検索 ♥
♥ アクセス解析 ♥
Copyright(c) 猫使いの秘密兵器 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]