忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
この道六十五年の匠がこりこりにこだわった猫じゃらしだ。
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このキャラの評価って、なんだか不当に低くないですか?

元々今でもレベル3のキャラを投入することに抵抗感を感じる私ですが、そんな私が2番目に投入するキャラは、大抵これになってきています。1番目は、言わずとも判るだろうから割愛で…。

世間一般的には、超魔王ラハールのが優秀、という声が強いです。実際決して弱くないカードだと思いますが、杏と比べて無条件にラハールを選ぶほど飛びぬけて強いとは思えなかったりするのも事実です。

超魔王ラハールの特徴は、一重にその回収能力にあります。付随してくる回復能力と、誰しもが最初に投入するリームシアンとの相性がいいのもポイントでしょう。

対する委員長杏は、CIPでの1点ダメージが最大のポイント。大抵の場合、場に出る時点でレベル3同士の駆け引きをしているわけです。そんな中、残り点数を考えてソウル計算するわけですが、ここで1点の差によって戦術に幅が広がってくることが多いです。

ついでに、+6000という謎のパワーパンプを持つCXシナジー。オマケではありますが、場のアドバンテージを獲得して殴り続けるというのは手札・コスト共に苦しくなってくる終盤では大きなポイントです。

実際に強いと感じるのは、やっぱり1点ダメージ。次の自分のターンがあるなら1点回復は強いと思うのですが、個人的にはそのターンに決めちゃった方が確実性が強いと思うんですよ。確実に回復できる能力を比較して、こんな事を言うのもアレなんですが。

対応CXが回収トリガーで気にせずに積めるという部分も、ナカナカに高評価です。


まあ、ラハールと杏様だったら杏様ですよね、という持論。殴って3-6で止まった場合なんかには、次のターンにどうしても狙ってしまいます。同時に沙耶が出てなくてよかった、とも思ったりするんですけどね…実は結構3-6で止まること多いんですよ!
PR
この記事にコメントする
Name
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ プロフィール ♥
Author:如月伽奈

関西地区というか大阪中心に活動してます。その昔は、アクエリアンエイジに於いて処々方面で暴れていました。

他人のマネをする事と、勝ちにこだわって遊び心を失う事が何よりも嫌いで、殴り切るよりも変なギミックを好みます。
♥ 最新コメント ♥
[12/24 キットー]
[10/17 キットー]
[08/24 伽奈]
[08/24 キットー]
[06/08 瑠汐]
♥ カレンダー ♥
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
♥ 最新トラックバック ♥
♥ アンテナ ♥
RSS表示パーツ
♥ ブログ内検索 ♥
♥ アクセス解析 ♥
Copyright(c) 猫使いの秘密兵器 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]