忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
この道六十五年の匠がこりこりにこだわった猫じゃらしだ。
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくWSを運ゲーだと揶揄する人が居ます。間違っては居ないと思いますが、多分正しくはないと思います。ある程度実力の差が均衡していると運の要素で左右されますが、そうでない場合はやはりプレイングと構築です。

まあ決勝卓とかで運に左右されて負けたりすると印象が強いので、騒ぎ立てたくなる気持ちはわからなくはありませんが。


だけども、VSに関してはさすがに運要素が強いと言わざるを得ない。全勝した後に全敗すると、そう思うよね。

そういえば12日のWSは3-0でした。今週は全勝と全敗の日?


こちらは久しぶりのスタンダードだったので、がっちがちの…双子ソウルビートを使用。どこがガチだなんて突っ込まないで。ウィッチハットがネオスタン仕様にしたままなので、これしかないの。

1戦目は初心者っぽい子。対アイマス緑。初心者だろうが、緑のアイマスは油断すると普通に殺されるので怖い相手。でもパワー勝負しか出来ない緑に対して、最初からパワーを捨てているソウルビートは初見だと厳しそうかも。虚無ルイズ大活躍でキャラが沸き続けるこちらに対し、レベルが上がっても何故か2体前後でしか殴ってこない相手に負けるわけもなく…。


2戦目、よく覚えてない!


3戦目、よく見かける相手。お互いぶーぶー文句を言ってたけれど、隣で階段発生していたので一転して「お腹すいたなー」とかプレッシャーを掛け始める二人。性格わりいw

相手はコマリンマックス。パワーで勝つのは最初っから無理なんだけれど、なんだか打点が刺さりすぎて相手1-5の時点でこちら3-0。さすがにちょっと無理ゲーな雰囲気だったけれど、ここからソウルビートの恐ろしい部分が発生。毎ターンの最低打点が4点とかいう状態で、ひたすら通していく。途中で相手の撃った幸せスパイラルでCX2枚落ちたりとかラッキーヒットもありつつ、そのまま逆転。


終了後、蒼真氏にぬっこぬこにされる。
所詮はソウルビートなので、きっちり圧縮されると勝てないのはお約束☆
PR
この記事にコメントする
Name
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ プロフィール ♥
Author:如月伽奈

関西地区というか大阪中心に活動してます。その昔は、アクエリアンエイジに於いて処々方面で暴れていました。

他人のマネをする事と、勝ちにこだわって遊び心を失う事が何よりも嫌いで、殴り切るよりも変なギミックを好みます。
♥ 最新コメント ♥
[12/24 キットー]
[10/17 キットー]
[08/24 伽奈]
[08/24 キットー]
[06/08 瑠汐]
♥ カレンダー ♥
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
♥ 最新トラックバック ♥
♥ アンテナ ♥
RSS表示パーツ
♥ ブログ内検索 ♥
♥ アクセス解析 ♥
Copyright(c) 猫使いの秘密兵器 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]